フレンチプレスで美味しいコーヒーの淹れ方♪【ボダム】

ボダム コロンビア 朝イメージ

わが家はフレンチプレスを使ってコーヒーを淹れるのですが、豆の挽き方やちょっとしたコツとかお話しします♪

わが家はボダムの「コロンビア」を使っています。

フレンチプレスをかんたんに紹介♪

フレンチプレスは容器に粗挽きにしたコーヒー豆を入れてお湯に浸し抽出します、そして金属フィルターで豆をポット下に沈めて注ぐ方式です。

ペーパー方式よりコーヒー豆の油分(コーヒーオイル)など全てが抽出されるのでコーヒー豆本来のアロマ(香り)や風味が楽しめます。

コーヒー豆の専門店などで、豆のテイストをするのにも良く使われています。

豆の挽き方は粗びき

粗挽きの目安:ザラメほど(1.5〜2ミリ)
1人分(180cc):豆13グラム前後

コーヒー豆粗挽き
粗挽きは1.5~2mmくらい

お湯を注いで4分間じっくり抽出するので、粗挽きが最適です。

また、目の粗い金属フィルターで濾すので粗挽きにしておくと注いだカップにコーヒー豆の粉があまり入りません。

やはり、挽きたてが美味しいので自宅で挽くのがおすすめです。

わが家はメリタの電動コーヒーミルを使ってます。

メリタの電動コーヒーミルで朝から、しあわせ♪「ECG62-3W」
こんなに簡単に美味しいコーヒーが飲めるなら、 もっと早く買えばよかった 特に休日のゆっくりとした朝食さいこー♪♪

おいしい淹れ方

  1. 容器を余熱しておくボダム コロンビア 余熱する
    (お湯は下1cmほどで充分)
  2. コーヒー豆を入れるボダム コロンビア 豆を先に入れる
    (粗挽きがおすすめ)

  3. お湯を半分ほど注ぎボダム コロンビア 軽く混ぜる
    ひと混ぜして残りを注ぎます
    (沸騰して一分ほどのお湯が最適)
  4. 4分待つボダム コロンビア 4分待つ
    (プランジャーは上げたまま)
  5. 4分たったらボダム コロンビア ゆっくり押し込む
    ゆっくりプレス
  6. 多少コーヒー豆のボダム コロンビア 少し残して注ぐ
    粉が出るので少し残して注ぎます

ひっこポイント♪

  • フレンチプレスはコーヒー豆の風味を楽しむのが醍醐味なので、飲む時にコーヒーミルで豆を挽きましょう。あらかじめ挽いてしまうと表面積が大きくなり、豆の酸化が早まり風味が落ちやすくなります。
  • 簡単なプロペラ式のコーヒーミル利用の方は「2秒挽いて本体を振って混ぜる」を3回、約6秒間挽くくらいでちょうどいい粗挽きになります。
  • 洗う時は金属フィルターに粉が残らないように注意しましょう、残った粉が酸化してイヤな匂いの原因になります。

ボダム「コロンビア」のレビュー

フレンチプレスのポットはガラス製が多いのですが、コロンビアはステンレス製で保温能力が高いので季節や室内温度に関係無く、簡単にいつも同じ味のコーヒーを淹れることが出来ます。

また、ステンレス製なので割れる心配が無く、洗ったり片付けたりがラクなのも良いです。

ボダム コロンビア 中
二重構造で保温効果があります

ボダム コロンビア 金属フィルター

金属フィルターも洗いやすい

さいごに

コーヒーは好みが分かれると思いますが、風味豊かでスッキリしたコーヒーが好きならフレンチプレスは絶対おすすめです!

コク、苦みを楽しみたいならペーパードリップがいいでしょう。

フレンチプレスはお湯を注いで待つだけなので、誰でも簡単においしいコーヒーを楽しめます。

いそがしい朝も、おいしいコーヒーでスタートしましょう♪

▼ブログ村に参加してます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

この記事でご紹介したボダムを探す

▼毎日飲むのにおすすめ、大満足の2㎏!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク