ブログの撮影にぴったりな小型LEDライト「LOE 168A」をレビュー

ブログの撮影にぴったりな小型LEDライト「LOE 168A」をレビュー アイキャッチ

ブログの小物撮影にぴったりな小型LEDライト「LOE 168A」をご紹介します。

約1年前に買ってから小物やお料理の撮影に使っていて、すごく良かったのでおすすめしようと思いました。小型なので人物撮影などにはやや小さいと思いますが、小物などの紹介用写真にはぴったりです。

ブログの写真をキレイに撮りたいって思っている人は、参考にしてみてください。

ロエ:168Aを1年使ってみた評価は!?

▼本体と付属品一式
小型LEDライト「LOE 168A」をレビュー 付属品など

▼専用9V DCアダプターも購入しました小型LEDライト「LOE 168A」をレビュー DCケーブル

Amazonで見てみる>>LOE 168A

実際に使った評価はほぼ満点!

Amazonで購入するときに他メーカーの小型LEDライトもいろいろ検討したのですが、このライトにして正解でした。

小型LEDライトを探しているなら、私はこ「LOE:168A」をめちゃくちゃおすすめします!

良かったところや悪かったところなどを私なりにご紹介します。ちなみに撮影で使うメインのカメラはSONYα7を使用しています。

<良かったところ>

  • 明るさが十分
  • 照らす面積も広くムラもない
  • 本体が軽くて手持ちもOK!
  • 固定のシューが金属製
  • 本体から光源が漏れない
  • 長時間使用しても熱くならない

この「LOE:168A」は横幅15cm縦9.5cmと小型なのですが、非常に明るくまた光源にムラもなくバランスのよい商品でした。

私は主に小物や料理などを撮影台の上で撮影することが多く、角度を細かく変えたり小物を足したりと長時間の撮影になるのですが別売りのDCアダプターを使うことでいつでも安定したライティングができました。

長時間使っても本体が熱くなることもなく、撮影中に顔が近づいたりしても平気でした。

造りはプラスチック製なのでお世辞にも剛性感があるとかではありませんが、きしむような弱い感じはありません。それに強度が必要だと思うシューが金属製なので安心してカメラや三脚に固定することができるのが嬉しいです。

それと、このLEDライトに決めた大きな理由は本体に排熱用のスリットがなく光の漏れがないからなんです!

Amazonで人気のライトがもう一つあったのですが、排熱用のスリットがあり光がわずかに漏れてくるようでした…。商品撮影するときには、なるべくミックス光にならないように部屋の明かりを消すのですがその時にライト本体からの光源漏れがあると目障りになりそうなのが気がかりでした。

なのでやや高くなりますが、「LOE:168A」を購入することにしました。

でも、気持ちよく撮影できるので大満足しています。

<悪かったところ>

  • 他のメーカーより高い
  • 9V DCアダプターが別売りでやや高い

機能などは満足していますが、あえて悪いところをあげれば価格くらいです。

それと物撮り中心なので電池はムダなので専用9V DCアダプターも同時購入したのですが、それもやや高いかなーって思いました。

でも、商品撮影を中心にするなら専用9V DCアダプターは絶対にあったほうがいいです!

明るさと照明範囲は文句ナシ♪

幅60cmの簡易的な撮影台くらいなら均一に光がまわっています。

小型LEDライト「LOE 168A」をレビュー 照明範囲2

光量も十分で、光量の調節もダイアルで簡単にできるので商品撮影には最適です。

ブログの撮影にぴったりな小型LEDライト「LOE 168A」をレビュー 光量ダイアル

このダイアルは電源スイッチにもなっているので、操作が簡単ですごく使いやすいです。

手持ちでも軽くて使いやすい

電池でも使えるので、もちろん屋外でも屋内でも手軽に使えます。本体が軽いので電池を入れても重くなく、手持ちでいろいろ角度を変えながら撮影するのにもぴったり。

小型LEDライト「LOE 168A」をレビュー 電池ボックス

私はいつもDCアダプターを使っているので本体に電池が入っていないく、さらに軽く使えるので使いやすさ抜群です。

こんなの撮ってます♪

自分のブログ用なのですが、きれいに撮れると楽しくてついつい夢中になっちゃいます。

撮影例 たかの友梨化粧品・ボックスの色がきれいに出ています。映り込みにも気を使って撮影しました。

撮影例 ピエール エルメ マカロン全景・マカロンの色がトゲトゲしないようにちょっとトーンを落とした感じにしてます。

撮影例 やわらか唐揚げ・食器などの影が出ないようにちょっと遠めからライティングしました。

おすすめの使い方

  • コピー用紙などで光を拡散させる

小物などを撮影する場合はカメラとライトからの距離が近いので影が強くでやすくなります。

なので、光を拡散させるのと光源の映り込みをやわらげるためにコピー用紙など薄い紙で簡易ディフューザーを付けています。もちろんトレーシングペーパーでもいいのですが、わざわざ買うのがイヤなのでプリンタ用の用紙で自作しています。

ブログの撮影にぴったりな小型LEDライト「LOE 168A」をレビュー コピー用紙で拡散・テープで固定しただけです。

これを付けるだけで影がやわらかくなるだけでなく、光源の映り込みも目立ちにくくなります。

ちょっと見ためは悪いけど自宅で撮影するから気になりません。

簡単ディフューザーはおすすめ!

あとがき

ブログで写真をたくさん撮るのに小型LEDライトが欲しいと思って、Amazonでこのライトを買ったのですが使いやすくて大正解でした!

ちょっと他メーカーより高いのですが、自信をもっておすすめします。

小物の撮影が多いなら一番小型のこの168Aで十分だと思います。

ちょっと高い気がしますけど専用9V DCアダプターは有った方がいいです。電池使用より安定するし安あがりになるので購入おすすめです。

それと、ちょっと格好は悪いけど簡単ペーパーディフューザーもおすすめ!

▼ご紹介したライトはこちら

▼専用9V DCアダプター

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク