iPhone6のケースをiPhone7でも使える?使えない?

iPhone7 ケース アイキャッチ

iPhone6とiPhone7は見た目はほとんど変わりませんが、機種変してケースをそのまま使えるかどうか気になる方へ、

iPhone6と7の形状変更点とケース形状についてお話します。

最初に結論を言うと、

「ケースの転用をおすすめしません」

なぜなら、2つの大きな理由があります。

1.カメラレンズの位置が違う

1番大きな変更点はカメラレンズの大きさとレンズ位置です。

iPhone6、7 レンズ 位置違う
iPhone6と7ではレンズ位置が違います。

レンズにキズが入る可能性あり

レンズぎりぎりでレンズ穴が開けてある6用ケースではiPhone7ではレンズに当たってしまいます。

カバンの中やポケットなどで圧力が掛かった時などは、傷が付きやすくなるので危険です。

【6用ケースで失敗の一例】

iPhone7 カメラ被る
レンズ位置が違うのでケースが当たってしまう

レンズの隠れ方で、カメラ機能に影響あり

レンズにケースが被っているとケースが写ってしまったり、オートフォーカスが正確に働かずピンボケの写真になる場合もあります。

【6用ケースで失敗の一例】

iPhoneケースで隠れて 写真失敗
写真にケースが写ってしまっている

2.ステレオスピーカーが隠れる

今回の新機能、ステレオスピーカーが以前のイヤホンジャックの位置にあるので、

iPhone6用ケースの形状によっては、ステレオスピーカーを少し塞いでしまい、折角の高音質が楽しめなくなります。

【6用ケースで失敗の一例】

iPhone イヤホン穴なし
スピーカーが隠れてしまう

iPhone7には7用ケースを使いましょう

6用ケースはカメラレンズ位置が合っていないケースがほとんどだと思います。

iPhone7が収まるから使うのでは無く、傷や衝撃から守る為にケースを使っているのですから、少しでも合わないケースは使用をやめましょう。

長くつかうiPhoneだから費用がかかっても専用ケースがおすすめです。

さいごに

全てのiPhone6用ケースがiPhone7に不適合では無いと思いますが、出来ればiPhone7用ケースを使用した方が安心して使用できます。

また、ケースがカメラレンズに当たってしまう場合は、カメラ機能の使用の有無に関わらずおすすめしません。

なぜなら、強い衝撃がレンズに直接伝わる可能性が非常に高くなり、思いもしないトラブルの原因になりかねません。

新しいiPhone7に機種変した方は、これから何年も使うので気に入ったiPhone7用ケースを選びましょう。

photo by hicco

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク